がじるの備忘録

ShadowverseとDQRをメインに活動中。

【DQR】『光と闇の異聞録』新カード評価 前編

f:id:gazilgame:20190524182945j:plain

どうも、がじるです

今回は、5/23(木)発売のDQR第7弾カードパック『光と闇の異聞録」で登場する全カードの評価をしていきます。

評価は SABCD の5段階で全てグランプリ環境を想定。

この記事は、共通・テリー・ゼシカ・アリーナ編です。

なお、とある2枚のカードには「環境を定義するパワーカード」としてSSS評価をつけました。読み始める前にどのカードか予想しておくとより楽しめるかと思います。

さて、前置きもほどほどにして早速評価に移りますかー

 

 

共通

 

レジェンドレア

 

【勇者姫アンルシア】

f:id:gazilgame:20190521001726p:plain

 評価:B

冒険者シナジーのヒーローカード

最短で3ターン目にレベル3となる。レベルアップの速度からシンクロユニットが強力なリーダーと相性が良い。従って【ブラバニクイーン】や【レジェンドホーン】を有するトルネコでの運用が本命か。

レベル2(覚醒の光)の発動に2コスト分のテンポロスを伴うので、デッキはミッドレンジorコントロールでじっくりと戦うカタチになる。

レベル3(破邪の秘法)はどれも強力な効果をもっており連打するような試合展開になれば敵なし。

発表当初は「冒険者たりねぇなぁ」と思っていたが【サンチョ】の登場によって評価を改めた。低コストの冒険者の増加はレベル2(覚醒の光)のバリューを高め、冒険者トルネコにワンチャンスを生んだ。

しかしながら、DQRにはレックステリーじゃんけんミネアなどロングゲームを否定するデッキが多く存在し、かつそれらのデッキパワーが高いため第7弾環境での活躍は難しいかもしれない。

 

 

【大魔王ゾーマ】

f:id:gazilgame:20190521011306p:plain

 評価:C 

魔王の存在が発動条件であるアンチヒーローカード

レベル1(滅びこそ我が喜び)は0コスト4ダメージと強力。一生レベル1打たせてくれ。本体が3コスト+手札に魔王系カード要求することからコントロールデッキでの採用が見込まれる。これはレベル2(死にゆく者こそ美しい)が6コストのAoEであることからも明らかだろう。しかし、”見えている”全体3点は容易にケアされ、かつその強さが環境に依存しすぎている。汎用性の高い他のヒーローカードと比較すると見劣りしてしまうのもやむなしか。

レベル3(我が腕の中で息絶えるがいい)になるといよいよ【全てを滅ぼすものゾーマ】を手札に加えるが、正直弱い。無限リソースだが弱い。【勇者姫アンルシア】でも触れた通りライバルズではロングゲームが成立しない。

でもカッコイイから使いたいよね。

 

 

【邪神官ハーゴン】

f:id:gazilgame:20190521020457p:plain

 評価:D

生まれ変わったハーゴン。されどその弱さは健在。有利な状況でのみプレイすることを許され、不利盤面をまくることに全く寄与しない。死亡時効果で出す魔王系ユニットも召喚時効果が発動しないため、同弾収録の【悪の化身りゅうおう】【エビルプリースト】【魔性の道化師ドルマゲス】らとの相性が悪い。なぜなんだ。現在、このカードで最も評価できるポイントは「魔王系ユニットである」こと。

 

 

【悪の化身りゅうおう】

f:id:gazilgame:20190521014419p:plain 

 評価:C

「はい」か「いいえ」の選択を迫る原作再現。DQRらしいカードで僕は好きです。

新弾実装後1~2日ほどは、相手が「はい」を選んでくれるかもしれないので入れ得(?)。「いいえ」については、基本的に相手の顔よりもユニットに飛んでほしい場面が多く、精神衛生上よろしくない。ランダム4点はライデインと同じだが、ダメージが顔に飛ぶことを許容できるか否かの違いはとても大きい。しかし、魔王系ユニットなのでその点はえらい。

 

 

【破壊神シドー】   

f:id:gazilgame:20190521014425p:plain

 評価:C

生まれるのが遅すぎた。8コストでプレイするのはあまりに弱く【邪神官ハーゴン】から着地させる等、インチキしないとお話にならない。またこのコスト帯における2点AoEがあまり信用できず、ユニットを全除去できるのは稀だと思う。

【ロトの血を引く者】による【竜王一閃】でちょうどとられてしまう7/7スタッツであり、体力回復効果はオマケ。正直、最低評価をつけようか迷った。しかし、魔王系・・・

 

 

スーパーレア

 

【まおうのたまご】  

f:id:gazilgame:20190521113118p:plain

 評価:S

汎用性の高い2コスユニットで【ベビーパンサー】を思い起させる。魔王シナジーで戦うデッキを組むなら真っ先に採用が検討されるカード。「本来のコストが5以上」という条件を利用し、デッキ構築次第で確定サーチを狙える。

唯一の懸念点は【オルゴ・デミーラ】サーチできないことか。もはや、このテキストから「【オルゴ・デミーラ】は絶対にサーチさせないぞ!」という運営の確固たる意志を感じる。

 

 

【プテラノドン】   

f:id:gazilgame:20190521114041p:plain

 評価:A

【まおうのたまご】冒険者バージョン。考えるべきは【勇者ソロ】との兼ね合いか。両方採用するのか、どちらか一方を採用するのか。サーチにおけるテンポロスは【勇者ソロ】よりも小さいため、個人的にはコチラのみを採用した冒険者デッキが主流になると思う。

ただ魔王シナジーと比較して冒険者シナジーの使い勝手が悪いので評価を1つ下げておいた。

 

 

【サンチョ】  

f:id:gazilgame:20190521113156p:plain

 評価:B

レジェンドレアではない冒険者第1号。このカード自体にパワーがあるわけではないが、冒険者デッキにおいては潤滑油のような役割を果たす。レジェンドレアでないが故にデッキへ複数枚投入できることが強み。またコストも”3”と冒険者としては比較的軽いのも、重くなりがちな冒険者デッキにとってはありがたい。

 

 

【はめつの使者】  

f:id:gazilgame:20190521113149p:plain

 評価:D

第7弾までライバルズをプレイしてきたあなたなら、一目でこのカードが弱いことに気が付くだろう。【ハッスルじじい】が使われただろうか。

パワフルバッジは発動回数が多くなるにつれ、そのバリューを増していく。また、1バトル中に魔王系ユニットはそう何度もプレイされるものではない。よって、このパワフルバッジが発揮するバリューはかなり低い。そのわりにスタッツも3/4と控えめで、テンポロスを取り返す前に試合が終わってしまう。

 

 

【あくまのきし】  

f:id:gazilgame:20190521113146p:plain

 評価:S

共通で最も高く評価したいカード。1コスト増えてにおうだちを獲得した【ラリホービートル】。攻撃不可+におうだちによる強烈な盤面干渉能力を持ち、魔王系ユニットを採用するミッドレンジ・コントロールデッキ全てに投入したい。

 

 

【れんごくちょう】  

f:id:gazilgame:20190521113153p:plain

 評価:C

魔王シナジーで縦一列に4点を与えるインパクト大な効果。しかしながら、6コストで体力3が致命的。このカードで盤面を取っても返しのターンにテリー・ゼシカのテンションスキルや2コスト3点除去で処理され盤面を制圧しきれない。活躍しても闘技場で、構築戦でこのカードに割く枠はない。

 

 

レア

 

【ビッグハット】   

f:id:gazilgame:20190521115222p:plain

 評価:B

かわいい。【モーモン】の代役として登場したがその責務を果たすことは難しいだろう。2点AoEに引っかからない体力3は優秀だが、クロック1点はアグロデッキには採用しにくい。

1コストであること自体に価値があるじゃんけんミネアや盤面にユニットを残すことが重要なトルネコでは採用を検討することができる。かわいい

 

 

【ばくだんベビー】  

f:id:gazilgame:20190521115216p:plain

 評価:D

【とげぼうず】のパチモン。単純に弱くて特に書くことがない。

 

 

【くらやみハーピー】   

f:id:gazilgame:20190521115228p:plain

 評価:C

諸説カード。高く評価している人を見かけるが個人的には弱いと思っている。効果が有用に働く場面を挙げようと思えばいくらでも挙げられるが、「○○がしたい」「Tier1の○○に対して強い」など明確な採用理由が思い浮かばない。

カードをデッキに採用するときには必ず明確な役割がある。言ってしまえば、このカードはゲームプランに組み込みづらいのだ。しかし、今までのDQRにはなかったトリッキーな効果を持っているため活躍に期待している。

 

 

【マドルーパー】  

f:id:gazilgame:20190521120314p:plain

 評価:C

そうですか。素で【ギュメイ将軍】のバフがのっている、すごい!

 

 

【ちんもくのひつじ】 

f:id:gazilgame:20190521115158p:plain

 評価:C

1コスト軽い【サイレス】。両者ともに本体は”封印”というテキストなので、こちらのほうがやや優秀。ランダム効果により、【ゲマ】等ステルスユニットの効果も封印可能。

しかし、カードパワーがあまりに低く刺さった時だけ強い弱者のカード【オルゴ・デミーラ】クラスの強力な死亡時効果を持つユニットが蔓延する環境ならワンチャン。

 

 

【ビックアイ】  

f:id:gazilgame:20190521115201p:plain

 評価:C

条件がではなく手札に冒険者なら最強だった。というか何で魔王は手札で冒険者はなのか。このカードに限らず冒険者シナジーの効果は評価を低くしている。

 

 

【グレイトボンバー】  

f:id:gazilgame:20190521115204p:plain

 評価:C

「これでアグロを対策してください」という運営からのメッセージ。環境に存在するアグロデッキで代表的なものはレックステリーだが、レックステリーはこの程度のカードでは止められない。止まるならそもそもTier1にはなっていない。

 

 

【ソードイド】  

f:id:gazilgame:20190521115208p:plain

 評価:C

春のにおうだち祭り。実質1枚で体力を12点回復しているためランプピサロなら活躍の余地あり。Let’s Conceed。

 

 

ノーマル

 

フォンデュ・マーブルン・いのぶたまん・マージスター】    

f:id:gazilgame:20190521115219p:plain
f:id:gazilgame:20190521115225p:plain
f:id:gazilgame:20190521115150p:plain
f:id:gazilgame:20190521115154p:plain

 評価:D

かわいいやつら。こんなに愛くるしいモンスター達を戦わせるわけにはいかないので、お留守番してもらおう。



テリー

 

レジェンドレア

 

【ギュメイ将軍】  

f:id:gazilgame:20190521121529p:plain

 評価:SSS

SSS評価1枚目。最強ポケモン。相手を詰ませる能力が非常に高く、このカード1枚でリーダー間の相性関係を破壊する。【ドラゴンガイア】とは異なり特技だけでなく【ロトの血を引く者】によるダメージなども無効化できるため、盤面ユニットへの干渉を許さない。この盤面漆黒に染める。

また武器を振って盤面を取るテリーは顔へのバーンプランに弱かったが、この弱点も補ってしまった。「【ギュメイ将軍】を引かれて負け」ということが多発しそうだ。レックステリー魔王テリー、両方のデッキに雑に投入しよう。デッキを選ばず環境を定義するカードなので余裕のSSS評価。

 

 

【ムドー】

f:id:gazilgame:20190521121605p:plain

 評価:S

強烈なテンポカード。バウンスしたカードは3ターン後に0コストで使用されるが、それまでに試合を決めていれば問題ない。似た効果を持つ【マミー】と比較すると、行動を封じるのではなくバウンスする点でユニットや武器で打点を出すテリーと相性が良い。

魔王系ユニットであり魔王テリーが主戦場となる。一方で、6コストと重いためレックステリーでは採用を悩むカードである。

 

 

スーパーレア

 

【ナイトリッチ】    

f:id:gazilgame:20190521121532p:plain

 評価:A

3コストになった【かえんムカデ】。条件の違いは床を張るか手札に魔王系ユニットを抱えるか。前者は【とうのへいたい】や【しのどれい】などテンポロスを要求されているが後者にはそれがない。よって【かえんムカデ】よりは使い勝手の良いカード。攻めではなく受けの効果なので活躍するなら魔王テリーか。

 

 

【ヘルビースト】  

f:id:gazilgame:20190521121535p:plain

 評価:A

条件がとても緩く基本的には4/4/6におうだちとして計算できる。カードパワーは申し分ないがレックステリーには採用されない。というか、今弾のテリーで評価の高いカードが軒並みこの性質をもっており、バランスをとるべく行った運営の努力が伺える。【ヘルビースト】【あくまのきし】【ムドー】の動きで相手を破壊したい。

 

 

【いなずまのけん】  

f:id:gazilgame:20190521121553p:plain

 評価:C

【雷鳴の剣】の代替カード。カードの役割が不明瞭で、何をしたいのか分からない。バーンカードとしては2ターンかけて8点とインパクトに欠け、盤面制圧カードしても2点AoEがいまいち信用できない。

【キラーアーマー】で装備したときに最もバリューの高い武器なので、採用されるときは一緒の運命共同体。

 

 

レア

 

【ミラクルブレイド】  

f:id:gazilgame:20190521121541p:plain

 評価:D

まあ弱いでしょ。普通にスペルカードとして効果を読みS評価をつけていたが、よくよく見たら必殺技で目玉が飛び出た。テリー与えられた貴重な回復リソース(他には【ライアン】や【きせきのつるぎ】)という見方もできなくはないが、いくらなんでもコストパフォーマンスが悪すぎる。

 

 

【力への渇望】  

f:id:gazilgame:20190521121544p:plain

 評価:C

サーチカードなので可能性はある。HP15以下の効果はオマケ程度に考えていた方が良い。同弾に【まおうのたまご】が存在しこのカードの勝る点は【オルゴ・デミーラ】を持ってこられることぐらいだが、テンポロスが大きく採用圏内ではない。

 

 

【ウパソルジャー】  

f:id:gazilgame:20190521121538p:plain

 評価:D 

このカードを見た瞬間に誰もが【おおありくい】のナーフを予想したことと思う。しかし現実は非情なり。【おおありくい】はナーフを逃れ、同時にこのカードもその存在意義を失った。まあ仮にナーフされていたとしてもこのカードは弱いけど。 

 

ノーマル

 

【ニセたいこう】  

f:id:gazilgame:20190521121556p:plain

 評価:B

ポン置きを要求される魔王系ユニットが即時盤面干渉できるようになる。何より魔王テリーのゲームプランと噛みあい自然に採用できる良カード。

 

 

【しんくうは 】  

f:id:gazilgame:20190521121547p:plain

 評価:D 

なぜ「横」なのか。横1列の除去はテンションスキルで事足りている。

 

【じごくのやいば】  

f:id:gazilgame:20190521121550p:plain

 評価:D

何か見覚えのある効果。そうか【ボーンファイター】か。【ボーンファイター】は事前評価が高く使ってみたら弱いカードだったが、このカードは評価も低いし使っても弱い。

 

 

ゼシカ

 

レジェンドレア

 

【キャプテンクロウ】   

f:id:gazilgame:20190521124754p:plain

 評価:S

コンボ前提のカード。特技を使用するだけでカードを一枚引くのはあまりにも強力。【ピオラ】【クロックチャージ】とコンボして実質0コストでデッキを掘り進め【メラゾーマ】や【魔導召喚】を探す役割が想定される。

また、第7弾の環境においても十分な活躍を期待できるが、このカードの恐ろしさはカードプール拡大とともにその強さが増していくところにある。評価の分かれる一枚だが私は高く評価している。

 

 

【魔性の道化師ドルマゲス】   

f:id:gazilgame:20190521124749p:plain

 評価:D

左上に「10」という数字が書いてあるのが全て。召喚時効果なので【邪神官ハーゴン】でコストを踏み倒しても機能しない。グランプリルールではこのカードの活躍する環境は来ないだろう。明らかにマスターズルールでの運用を想定されたカードデザイン。

 

 

スーパーレア

 

【ビッグモアイ】   

f:id:gazilgame:20190521124757p:plain

 評価:C

合計スタッツ8+におうだちということで【シーゴーレム】と比較されるカード。どちらを優先すべきかは環境によるが、条件の緩さは【シーゴーレム】に軍配が上がる。また、魔王ゼシカが何したいか分からないデッキであること、ゼシカが獲得した他の魔王シナジーカードの使い勝手が悪いことが向かい風になり、活躍する日は遠いか。

 

 

【神速メラガイア―】  

f:id:gazilgame:20190521124811p:plain

 評価:D  

魔王シナジーで4コスト8ダメージという微妙な性能。単体除去として【ニードルラッシュ】や【竜王一閃】に遠く及ばない。重い特技なら勝敗を決するレベルの効果でないと採用は難しい。ただ【プチマージ】から持って来たら強いかも。

 

 

【邪悪な祈り】  

f:id:gazilgame:20190521124814p:plain

 評価:B

ゼシカが獲得した魔王シナジーの中では採用の可能性が一番高いカード。魔王シナジーで「3コスト2枚ドローおうえん」となり【魔力の息吹】におうえんをつけた強力なドローソースに化ける。ただ1つ問題点、もとい矛盾している点がある。それは「魔王系ユニットは高コストのカードでありデッキに高コストのカードを多く積むとドローの必要性が薄い金太郎飴デッキになる」ことで、テキスト内に自己矛盾を抱えている。

 

レア

 

【ピオラ】   

f:id:gazilgame:20190521124822p:plain

 評価:B

【早詠みの杖】や【クロックチャージ】の反省を生かしたのか1コストでコスト-1とインチキすることができていない(【クロックチャージ】ナーフされましたね)。単体ではターンを跨いだコストの貯蓄しかすることしかできない。しかし【キャプテンクロウ】とコンボすることで実質0コスト1ドローに化けデッキを圧縮することができる。

 

 

【メドローア】   

f:id:gazilgame:20190521124807p:plain

 評価:D

”消滅”という効果を紹介する用のカード。必殺技ということで実質7コス3点AoEであり【イオナズン】と同じ。相違点は消滅だが環境に【オルゴ・デミーラ】やその他強力な死亡時効果のユニットが蔓延しない限りこのカードを見ることはない。加えて、ゼシカのテンションスキルは非常に強力で、除去だけでなく【ビアンカ】リーサルにも絡んでいる。つまり、ゼシカというリーダーにおける必殺技のデメリットはかなり大きい。

 

 

【テンプレーション】   

f:id:gazilgame:20190521124818p:plain

 評価:D

7コストは重過ぎる。低評価の理由はおおむね【神速メラガイアー】と同じ。効果が限定的で汎用性に欠ける。【プチマージ】から持ってきて相手の想定外から打てば強いかも。

 

 

ノーマル

 

【アイスコンドル】  

f:id:gazilgame:20190521124800p:plain

 評価:C

単体性能は強力だがスタン落ちにより大きく評価を下げた。【ヒャド】【吹雪の魔女】【パズズ】がカードプールから消えてしまっては氷塊シナジーをする理由がない。

 

 

【まどうし】   

f:id:gazilgame:20190521124804p:plain

 評価:D

まあ使われないでしょう。次いきます。

 

 

【あくまのめだま】  

f:id:gazilgame:20190521124746p:plain

 評価:D

テリーの【ニセたいこう】と同じような効果を持っているがねらいうちにおうだちでは全く話が違う。前者が盤面に全く干渉しないのに対し、後者は干渉可能でありこの差は非常に大きい。

 

アリーナ

 

レジェンドレア

 

【ブライ】   

f:id:gazilgame:20190521124829p:plain

 評価:S

2コストのユニットに特技ダメージ+1というだけでかなり強力。召喚時に味方リーダーも対象となる【たけやりへい】の効果を持ち、非常に汎用性が高くあらゆる場面での活躍を期待できる。さらに【ストロングアニマル】や【はやぶさのツメ】とのコンボが実用的であればアリーナをTier1に押し上げる可能性大。

 

【神官クリフト】    

f:id:gazilgame:20190521124825p:plain

 評価:S

回復効果とダメージ軽減効果で有利トレードの補助をする。また、相手のリーサルターンをずらすこともでき、なんでも放題やり放題。他にもいろいろ悪いことができるので考えてみるとたのしいかも。このカードと【ブライ】が強すぎるため【勇者ソロ】や【プテラノドン】をアリーナで採用することも考えられる。

 

 

スーパーレア

 

【特訓の成果】   

f:id:gazilgame:20190521124735p:plain

 評価:D

攻撃力だけかと思ったらコストも上がっていたカード。【イエティ】とのコンボで活躍するカードと期待していただけに残念。1コスト1点、2コスト2点、3コスト3点と常にコストパフォーマンスが悪い。

 

【イエティ】   

f:id:gazilgame:20190521124840p:plain

 評価:SSS

環境を定義・破壊するカード。アリーナの1コストには優秀なユニット・特技が多くこのカードを中心に打点を出していくタイプが次弾アリーナの主流になる。【古武道のツメ】との組み合わせは宇宙。

体力5は3ターン目に着地した場合ほとんど処理することができず生き残って帰って来れば大打点を叩き出す。前弾でイマイチぱっとしなかった【マッドプラント】で隠されたらGG。

 

 

【コトブキーノ】  

f:id:gazilgame:20190521124846p:plain

 評価:C

アリーナのデッキタイプを考えた際に4/3/2というテンポロスが痛い。フィニッシュ手段の【閃光烈火拳】が消えた今テンポロスしてまで出したいカードではない。また【ビックアイ】同様冒険者シナジーの使い勝手が悪いのも評価を下げた要因である。

 

 

レア

 

【ストロングアニマル】   

f:id:gazilgame:20190521124833p:plain

 評価:A

問題児。【ブライ】【クリフト】を戻せば爆発的なアドバンテージを獲得する。一方でアグロアリーナのように序盤からガンガン攻めたいデッキとはコンセプトが噛み合わずバリューを発揮しきれない。予測不能な効果を持っているため、いち早く使用感を確かめたいカード。

 

 

【ベストスマイル】   

f:id:gazilgame:20190521124843p:plain

 評価:C

評価Dでも良かったが大量ドローにはロマンがあるため最低評価を避けた。

 

 

【はやぶさのツメ】   

f:id:gazilgame:20190521124742p:plain

 評価:D

しつこいようだが冒険者シナジーは条件が厳しく評価を下げざるを得ない。仮に3コストで装備できても【ちからのゆびわ】や【ブライ】で攻撃力をバフして振らないとパワー不足。またアリーナでは【古武道のツメ】がフィニッシャー武器としての地位を確立しておりこのカードに席はないだろう。

 

 

ノーマル

 

【ひしょうけん】   

f:id:gazilgame:20190521124738p:plain

 評価:S

【イエティ】と相性が良くアリーナのゲームプランにかみ合う1枚。構築を寄せれば1コストで大ダメージを出しテンポスイングを起こすことができる。絶対に2枚採用されるカードなので評価Sとした(少し高いかも?)。

 

 

【リカントマムル】  

f:id:gazilgame:20190521124837p:plain

 評価:B

単体のカードパワーは低いのに【イエティ】や【ひしょうけん】といったデッキの核となるカードとの相性が非常に良い奇跡のカード。この2枚がカードプールに存在しなかったら評価は2段階下だった。2コストで体力1が気になるが、これが咎められる環境なら【はりせんもぐら】【かくとうパンサー】も強く使えずアリーナと共に姿を消すことになる。

 

 

【冒険の準備】  

f:id:gazilgame:20190521124850p:plain

 評価:D

【ブライ】【クリフト】これら2枚の強力な冒険者ユニットを獲得し、【古武道のツメ】をフィニッシャーとするアリーナにはうってつけの1枚。と思うがよく考えてみてほしい。

冒険者ユニットをサーチするなら【プテラノドン】、【古武道のツメ】をサーチするなら【プオーン】がそれぞれテンポロス少なく役割を果たしてくれる。このカードでテンポロスしたうえで【古武道のツメ】を装備するのは盤面を無視しすぎなのでナシ。

 

 

まとめ

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

はじめてブログを書いた感想は「楽しいけど、クソ疲れた」です

ご意見・ご要望、じゃんじゃん受け付けてます。ブログのコメント欄かTwitterのDMまでご連絡ください。

 

この記事の続きとなる『光と闇の異聞録』新カード評価後編も公開中です。

どうぞ、読んでやってください。

 

ククール・トルネコ・ミネア・ピサロ編はコチラ

www.gazilgame.com

 

 

それでは次の記事でお会いしましょう、さようなら!

 

 

 

 

 

 

© 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO